エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > JR高山駅 新駅舎


ここから本文です。

JR高山駅 新駅舎

ページ番号 T2001275  更新日  平成28年12月26日

印刷 大きな文字で印刷

JR高山駅新駅舎 平成28年10月2日供用開始

平成26年度から工事が始まり、橋上駅舎と東西を結ぶ自由通路が新たに設けられたJR高山駅が供用開始となりました。東西自由通路は『匠通り』、東口は『乗鞍口』、西口は『白山口』といった愛称が付けられ、飛騨高山の玄関口として皆様をお出迎えいたします。

写真:JR高山駅舎
新駅舎

新しい駅は改札が2階となっており、線路の東西を結ぶ匠通りに接続され、東西どちらからも駅を利用できます。この匠通りは、歩行者専用道路として24時間いつでも通行可能となっております。

なお、東口駅前広場など、すべての整備が完成するのは平成29年度を予定しています。

写真:新駅舎
新駅舎:乗鞍口(東口)

写真:新駅舎(西口)
新駅舎:白山口(西口)


新しい駅舎・匠通りはホーム、乗鞍口(東口)、白山口(西口)いずれもエレベーターとエスカレーターを整備しています。
内装には、飛騨産のヒノキを多用し、「木の国・飛騨高山」を表現しています。駅の正面となる東側外壁は、町屋の雰囲気をモチーフとした、格子パネルを設置し、夜には漏れ出る灯りを意識した演出照明を使い、落ち着いた外観を映し出します。

写真:東口(乗鞍口)
東口『乗鞍口』

写真:改札
改札


写真:待合室
待合室

写真:売店
売店


匠通りの壁面は、祭屋台をテーマとしており、構造の違う二種類の祭屋台の下段部分を実物大で展示しているほか、14ヶ所の展示ケースには、各屋台で役割を終えた車輪や装飾品、実際に使用した大工道具などを展示しています。

写真:東西自由通路『匠通り』
匠通り(東西自由通路)

写真:東西自由通路『匠通り』
匠通り(東西自由通路)の実物大屋台模型


写真:東西自由通路『匠通り』からの眺め
東西自由通路『匠通り』からの眺め

写真:駅西駐車場からの眺め
駅西駐車場からの眺め


写真:乗鞍口(東口)エレベーター
乗鞍口(東口)エレベーター

写真:乗鞍口(東口)コインロッカー
乗鞍口(東口)コインロッカー


このページに関するお問い合わせ

高山市役所
代表電話:0577-32-3333 ファクス:0577-35-3162


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る