エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > エリアから探す > 国府地域 > 清峯寺・円空仏(県指定重要文化財)


ここから本文です。

清峯寺・円空仏(県指定重要文化財)

ページ番号 T2000917  更新日  平成28年2月2日

印刷 大きな文字で印刷

写真:清峯寺・円空仏(県指定重要文化財)

清峯寺の仏像三体は、元禄時代に清峯寺が寺山谷の中腹にあったころ、円空上人がこの地に滞在し、桧材に一刀彫りしたものと伝えられ、円空の代表的名作といわれています。なかでも、最高傑作といわれる千手観音は、円空の作品の中で数体しかない大変貴重なものです。さらには、等身大の大きさに驚くことでしょう。

  • 竜頭観世音菩薩 高さ1.7メートル
  • 十一面千手観世音菩薩 高さ1.27メートル
  • 聖観世音菩薩 高さ1.6メートル
所在地

高山市国府町鶴巣1320-2

電話

管理人 古田勝二 0577-72-3582

利用料金

拝観料 200円

営業時間

要予約

交通アクセス

JR高山駅より車で国道41号経由25分
中部縦貫自動車道 高山インターチェンジより、国道41号経由25分

ホームページ
飛騨高山 こくふ観光協会 (外部リンク)新しいウィンドウで開きます
問合先

管理人 古田勝二

地図

map

このページに関するお問い合わせ

商工観光部 観光課
電話:0577-35-3145 ファクス:0577-35-3167
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る