エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > エリアから探す > 高山地域(市街地) > 川上別邸史跡公園(市指定文化財)


ここから本文です。

川上別邸史跡公園(市指定文化財)

ページ番号 T2000899  更新日  平成27年2月19日

印刷 大きな文字で印刷

写真:川上別邸史跡公園(市指定文化財)

この地は、金森左京(重勝・金森三代重頼の弟)の屋敷があったところです。その後、町年寄りの川上斉右衛門の別邸になりました。庭は、宗和流茶道始祖宗和の雰囲気を持ちます。庭内の稲荷社は谷口与鹿の兄与三郎延恭の作で天保十三年(1842)の総ケヤキ造り建築で、覆い屋には千鳥格子が見られます。土蔵は江戸後期の建築で、左官の名手江戸家万蔵の作で、扉内側には色鮮やかな松に日の出と双鶴の漆喰細工が残っています。

所在地

高山市島川原町47番地 ほか

利用料金

なし

営業時間

常時
無休

交通アクセス

JR高山駅より徒歩25分

バリアフリー
  • 車いす可
  • トイレ
問合先

高山市文化財課

地図

map

このページに関するお問い合わせ

商工観光部 観光課
電話:0577-35-3145 ファクス:0577-35-3167
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る