エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 飛騨高山教育旅行・学習旅行 > 事前学習用ガイドブック > 4.自然(各地域の紹介) > (8)国府(こくふ)地域


ここから本文です。

(8)国府(こくふ)地域

ページ番号 T2000733  更新日  平成27年2月27日

印刷 大きな文字で印刷

宮川(みやがわ)や荒城川(あらきがわ)の豊かな水と広い土地を利用して、米作りが盛んに行なわれています。県立自然公園に指定された宇津江四十八滝(うつえしじゅうはったき)では四季折々の表情を楽しめます。また、今から約600年前に建てられた安国寺の国宝経蔵、県下最大の石室をもつ古墳や広瀬城(ひろせじょう)跡など、多くの歴史文化遺産があります。

宇津江四十八滝(うつえしじゅうはったき)

写真:宇津江四十八滝
宇津江四十八滝

急峻な谷あいに大小無数の滝が連なる県立自然公園。伝説を秘め、流れ続ける滝めぐりが楽しめます。また、園内にある35,000平方メートルの山野草花園では、クリンソウ約15万本、ササユリ約1万5千本、アジサイ約5千本が咲き乱れます。

お問合先

四十八滝総合案内所
電話:0577-72-3948
協力金:大人 200円、小人 100円
アクセス:高山市街地から車で約30分

このページに関するお問い合わせ

商工観光部 観光課
電話:0577-35-3145 ファクス:0577-35-3167
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る