エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > イベント > 春のイベント > 飛騨高山雛まつり


ここから本文です。

飛騨高山雛まつり

ページ番号 T2000073  更新日  平成28年2月23日

印刷 大きな文字で印刷

春の訪れが遅い飛騨地方では、1カ月おくれの4月3日に雛まつりを祝います。市内各所では3月1日から4月3日まで土雛や古今雛などたくさんの雛人形が展示されますのでぜひご覧下さい。また、飛騨高山雛まつりの期間中はスタンプラリーを開催しており、集めたスタンプの数に応じてステキな景品と交換できます。

このイベントは終了しました。

イベントカテゴリ: その他

日付

平成28年3月1日火曜日から 4月3日日曜日

開催時間

終日開催

雛祭りの起源は、けがれ払いの上巳(じょうし)の節(せつ)

写真:立ち雛

雛祭りを今のような形でおこなったのは江戸初期のことです。その起源は平安時代にまで遡ります。もともとは上巳の節といい、中国のお祓いの行事でした。3月の最初の巳の日に、川で手足を洗い、心身のけがれを洗い清めたのです。この風習が唐から日本に伝わり、神事のお祓いの形に変わりました。草や紙で作った「形代(かたしろ)=人形(ひとがた)」で身体をなでて、災いやけがれを移し、身代わりとして海や川に流したのです。
同じ頃、今のままごとの遊びのような遊びがあり、それを「雛(ひいな)遊び」と言いました。この「雛遊び」と上巳の節の行事が時の流れで結び、江戸時代に現代のような形式となったのです。
形式から発展したものには「天児(あまがつ)」や「這子(ほうこ)」があります。どちらも幼児を守るもので、これも雛人形の始まりのひとつと考えられます。

どんなお雛さまが飾ってあるの?

写真:古今雛

「豪華な衣裳の古今雛(こきんびな)」
現在、段飾りなどの中心に最も多いのが、この古今雛です。歌舞伎役者を思わせる写実的な顔と、金糸や色糸を使った豪華な衣裳が、この雛の持ち味で、江戸時代の明和(1764年から1772年)の頃、上野池之端の大槌(おおづち)屋が、原舟月(しゅうげつ)という人形師に、顔を彫らせて売り出したのが始まりです。


写真:享保雛

「大きな享保雛(きょうほうびな)」
名前のように享保(1716年から1736年)頃に作られ、おもに町家などで飾られていたようです。顔の表情は能面のように静かで、神秘的な雰囲気を漂わせ、男雛は束帯(そくたい)に似た姿で右手にしゃくを携えています。女雛は唐衣(からころも)や五(いつ)つ衣(ぎぬ)に似た束帯を着、冠と桧扇(ひおうぎ)がその姿を飾ります。金襴や錦を使った豪華な衣裳で、女雛の赤い袴(はかま)は、綿で大きく膨らませているのが特徴です。

展示場所

展示場所によっては開館時間により、ご覧いただけないこともありますので、あらかじめご了承ください。

一般施設

写真:土野家雛飾り

1. 土野家(古今雛段飾り、御殿飾り他多数)
2. アラジン(享保雛)
3. 今井ラジオ(雛人形)
4. 飛騨牛料理店 鳩谷(江戸から昭和時代の雛様)
5. 木之下だんご(大正時代の御殿飾り)
6. 瓜田家(雛人形)
7. 美富久(明治時代の御殿雛)
8. 辰信堂(奈良一刀彫の雛人形)
9. 福太郎(昭和初期の土雛、つるし雛)
10. 茶房卯さぎ(七段飾り、うさぎ雛)
11. 中垣
12. 糀屋柴田春次商店 下二之町店(雛人形)
13. 古民芸 下出
14. 菅藤 菅田家(御殿飾り)
15. 布久庵(享保雛から平成雛まで)
16. ザ・アリス(七段飾り他)
17. 船坂慶祥堂
18. かわかみ
19. 古美術 倉坪
20. あがりや
21. 古民芸 倉坪
22. 戸沢漆器(雛人形)
23. 舩坂酒造店(七段飾り)
24. 日本料理 山貴(享保雛、土雛、木目込雛 他) 「雛まつり特別メニュー」有り 電話:0577-33-8554
25. 高山市文化伝承館(享保雛段飾り)
26. 夢椿 OTOWAYA(雛飾り)
27. cafe青(古代雛、土雛)
28. 三川屋本店2F(昭和初期の京雛)
29. アンティックギャラリーかとう
30. 久田屋
31. 中田呉服店(明治から大正頃の段飾り)
32. 飛騨菓子匠 音羽屋(大正時代の雛人形)
33. 飛騨高山アンテナショップまるっとプラザ(まゆびな)
34. 高山市役所1階ロビー(七段飾り)
35. 飛騨信用組合本店(享保雛)
36. 飛騨信用組合けやき通り支店(土雛)
37. 高山市民文化会館(段飾り)
38. 高山緑ヶ丘郵便局(土雛)
39. 飛騨の家具館(雛人形)
40. まちスポ飛騨高山(フレスポ内)(木のお雛様他)
41. 国立乗鞍青少年交流の家(昭和の段飾り)

宿泊施設

施設によっては「雛まつり特別メニュー」があります。詳しくは各施設へお問い合わせください。

42. お宿ちから荘(70年前の土雛)
43. 飛騨亭花扇(平安雛)
44. 花扇別邸いいやま(平安雛)
45. 民宿岩田館(七段飾り、土雛)
46. 高山観光ホテル(飛騨土雛段飾り)
47. 寿美吉旅館(明治時代の享保雛)
48. 高山シティホテルフォーシーズン(江戸後期芥子雛三段飾り)
49. 旅館あすなろ(御殿雛段飾り、古今雛段飾り他)
50. ひだホテルプラザ(土雛飾り)
51. おやど古都の夢(有職雛)
52. スパホテルアルピナ飛騨高山(木目込み七段飾り)
53. 旅館田邊(三段雛飾り)
54. 旅館清龍(七段飾り)
55. 本陣平野屋花兆庵(享保雛、古今雛など100体以上) 「雛まつり特別メニュー」有り 電話:0577-34-1234
56. 本陣平野屋別館(七段飾り他多数) 「雛まつり特別メニュー」有り 電話:0577-34-1234
57. 本陣平野屋りらっくす蔵(大型御殿雛)
58. 宝生閣(御殿飾り、土雛段飾り)
59. 飛騨高山二人静白雲(宮中時代絵巻雛飾り)
60. お宿山久(時代衣裳雛、土雛(山田焼)他)
61. お宿信田(昭和時代の七段飾り)
62. お宿むひょうかん(七段飾り)
63. 飛騨花里の湯 高山桜庵(雛五段飾り)
64. 高山グリーンホテル(古今雛段飾り)
65. ホテルアソシア高山リゾート(土雛飾り)
66. ルートイングランティア飛騨高山(土雛飾り)

高山市郊外の一般・宿泊施設

67. きよみ館(高山市清見支所)(土雛)
68. 臥龍の湯 臥龍の郷(まゆびな)
69. 久々野公民館(土雛、七段飾りなど約600体)
70. 塩沢温泉七峰館(七段飾り)
71. アルプス街道平湯(七段飾り)

観光施設

A. 宮地家住宅(高山市大新町2-44)

  • 旧家に代々伝わる段飾り
  • 午前9時から午後4時30分、土曜日・日曜日・祝日のみ開館
  • 無料

B. 吉島家住宅(高山市大新町1-53)

  • 古今雛
  • 午前9時から午後5時
  • 有料500円

C. 日下部民藝館(高山市大新町1-52)

  • 明治雛、御殿飾り 他
  • 午前9時から午後4時30分
  • 有料500円

D. 高山昭和館(高山市下一之町6)

  • 大正時代の雛段飾り、木目込雛
  • 午前9時から午後5時
  • 有料500円

E. 古い町並美術館 山下清原画展(高山市下三之町1-19)

  • 昭和初期の木目込雛
  • 午前9時から午後5時
  • 有料600円

F. 平田記念館(高山市上二之町39)

  • 古今雛、蒔絵雛道具一式 他
  • 午前9時から午後5時
  • 有料300円

G. 飛騨高山まちの博物館(高山市上一之町75)

  • 土川家寄贈の御殿飾り、古今雛段飾り
  • 午前9時から午後7時
  • 無料

H. 高山市政記念館(高山市神明町4-15)

  • 古今雛
  • 午前8時30分から午後5時
  • 無料

I. 高山陣屋(高山市八軒町1-5)

  • 飛騨地方の土雛
  • 午前8時45分から午後5時
  • 有料430円

J. 松本家住宅(高山市上川原町125)

  • 旧家に代々伝わる段飾り
  • 午前9時から午後4時30分、土曜日・日曜日・祝日のみ開館
  • 無料

K. 飛騨開運乃森大七福神(高山市西之一色町3-2021)

  • 飛騨地方の土雛
  • 午前8時から午後5時
  • 有料540円

L. 飛騨の里(高山市上岡本町1-590)

  • 土雛(約800体)
  • 午前8時30分から午後5時
  • 有料700円

写真:飛騨高山まちの博物館雛飾り

写真:飛騨の里雛飾り

飛騨高山雛まつりガイドのご案内

NPO法人飛騨インタープリター協会

  • 期 間:平成28年3月5日土曜日から3月27日日曜日までの土曜日・日曜日
    注:大雪のときは中止となります。
  • 時間:午後1時から午後2時30分 約1時間30分
  • 集合:10分前までに櫻山八幡宮境内「高山祭屋台会館」入口前に集合してください。
  • 予約:前日の午後5時までにご予約ください。
  • コース:無料施設へご案内します。
  • 最少催行人員:2人様からご案内します。
  • 料金:1人800円
    注:小学生以下は無料。料金は集合時に集めさせていただきます。
  • お問合わせ・お申し込み:電話:090-6575-1853

公益社団法人高山市シルバー人材センター(飛騨高山シルバー観光ガイド 愛称 おもてなし案内人)

  • 期間:平成28年3月1日火曜日から4月3日日曜日
  • 時間:ご希望の時間帯でご案内いたします。(夜間不可)
  • 集合:お待ち合わせ場所は事前にご相談させていただきます。
  • 予約:5日前までにご予約ください。
    注:1人様からご案内します。
  • コース:お客様と事前にご相談させていただきます。
  • 料金:ガイド1人につき3,400円(3時間まで)
    注:ご案内できる人数は、ガイド1人につき1人様から10人様まで。
    料金はガイド終了時までに集めさせていただきます。
  • お問合わせ・お申し込み:電話:0577-32-8090 ファクス:0577-32-8409

お問合先

一般社団法人 飛騨・高山観光コンベンション協会

〒506-0011 岐阜県高山市本町1丁目2番地
電話:0577-36-1011

イベント情報をGoogleカレンダーまたはiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

商工観光部 観光課
電話:0577-35-3145 ファクス:0577-35-3167
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る