エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 高山の見どころ > 歴史・伝統文化 > こう峠口古墳(県指定重要文化財)


ここから本文です。

こう峠口古墳(県指定重要文化財)

ページ番号 T2000246  更新日  平成27年2月19日

印刷 大きな文字で印刷

写真:こう峠口古墳(県指定重要文化財)

岐阜県内最大級の石室を持つ、こう峠口古墳。全長70メートルの前方後円墳。飛騨地方では最大の古墳です。石室の高さは、3メートル、奥壁まで13.5メートルと県下最大の大きさです。付近の字名にちなんで、こう峠口古墳と呼ばれています。江戸時代に書かれた「飛州志」によると、江戸時代中期には、すでに開口しており盗掘されていたと思われます。埋葬者は、当時飛騨地方で勢力をもった豪族と考えられます。石室入口は、安全管理上施錠されています。

所在地

高山市国府町広瀬町字こう峠口

電話

0577-72-3111

ファクス

0577-72-3851

利用料金

なし

営業時間

なし

交通アクセス

JR高山駅より車で国道41号経由20分
中部縦貫自動車道 高山インターチェンジより、国道41号経由20分

ホームページ
飛騨高山 こくふ観光協会 (外部リンク)新しいウィンドウで開きます

地図

map

このページに関するお問い合わせ

商工観光部 観光課
電話:0577-35-3145 ファクス:0577-35-3167
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る