エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 高山の見どころ > 歴史・伝統文化 > 高山陣屋(国指定史跡)


ここから本文です。

高山陣屋(国指定史跡)

ページ番号 T2000203  更新日  平成28年2月4日

印刷 大きな文字で印刷

元は高山城主金森氏の下屋敷の一つでしたが、飛騨が徳川幕府の直轄地となってからは、江戸から来た代官や郡代が、ここで飛騨の政治を行いました。この役所は陣屋と呼ばれ、全国でも残っているのはここ高山だけです。

バリアフリー対応状況:

  • 障がい者用トイレあり
  • 貸し出し用車いすあり
  • AEDあり
  • アイコンの説明(新しいウィンドウで開きます)

写真:高山陣屋(国指定史跡)

高山城主金森氏の下屋敷の一つでした。金森氏が上ノ山(山形県)へ移されてからは、徳川幕府の直轄地となり、江戸から代官や郡代がきて、ここに役所をおき飛騨の政治をとりました。
この役所を「高山陣屋」とよび、おふれを出したり年貢の取立てなどをしました。

直轄地時代は、明治まで25代177年間続きました。クレ葺屋根の門の扉に残るしみは梅村騒動で農民に殺された門番の血痕といわれています。
玄関を入った正面壁には、郡代の格式を示す(青海波)模様があります。内部には、御役所、御用場、大広間、役宅、吟味所、白州などのほか裏手には、高山城三の丸から移した御蔵(米藏)8戸前(藏は戸前とかぞえる)も昔のまま残されています。かつて年貢米を保管した藏で天領時代の歴史を物語る資料が展示されています。大原騒動で打ち首となった本郷村(現在高山市上宝町)の農民善九郎が妻に送った遺言状の文面には胸をうたれます。

明治に入ってからは、県庁、郡役所、支庁、県事務所など代々、地方の役所として使われてきました。郡代役所の建物が残っているのは全国でも高山だけです。

所在地

高山市八軒町1-5

電話

0577-32-0643

ファクス

0577-32-0612

利用料金
  • 個人料金:大人430円、高校生以下無料
  • 団体料金(30人以上):大人380円
営業時間

3月から10月:午前8時45分から午後5時
11月から2月:午前8時45分から午後4時30分
8月:午前8時45分から午後6時
休日:12月29日・12月31日・1月1日

ホームページ
岐阜県 高山陣屋 (外部リンク)新しいウィンドウで開きます
問合先

高山陣屋

地図

map

駐車場

画像:高山市街地駐車場満車・空車情報(携帯サイト)のQRコード
携帯サイト

このページに関するお問い合わせ

商工観光部 観光課
電話:0577-35-3145 ファクス:0577-35-3167
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る