エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 高山の見どころ > 歴史・伝統文化 > 金蔵獅子(県指定重要無形文化財)


ここから本文です。

金蔵獅子(県指定重要無形文化財)

ページ番号 T2000198  更新日  平成27年2月19日

印刷 大きな文字で印刷

写真:金蔵獅子(県指定重要無形文化財)

金蔵獅子は、飛騨から越中にかけ各地に伝承されている郷土芸能で、例祭時に奉納されます。国府町金桶、広瀬町、上広瀬の三地区の金蔵獅子は芸術的価値が高く地方の特色を良く伝えており、いずれも岐阜県の重要無形文化財に指定されています。金蔵獅子は、天狗面をつけた男神(金蔵)と、お福面をつけた女神(おかめ)が協力して、田畑を荒らす獅子を退治する物語が演じられます。

所在地

高山市国府町 金桶・広瀬町・上広瀬

電話

0577-72-3111

ファクス

0577-72-3851

利用料金

なし

営業時間
  • 5月3日 冨士神社(金桶区)
  • 5月4日 廣瀬神社・度瀬神社(広瀬町区)
  • 9月第3日曜日 加茂神社・諏訪神社(上広瀬区)
交通アクセス

JR高山駅より車で国道41号経由25分
中部縦貫自動車道 高山インターチェンジより、国道41号経由25分

ホームページ
飛騨高山 こくふ観光協会 (外部リンク)新しいウィンドウで開きます
問合先

高山市国府支所基盤産業課

地図

map

このページに関するお問い合わせ

商工観光部 観光課
電話:0577-35-3145 ファクス:0577-35-3167
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る