エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 高山の見どころ > 高山祭 > 秋の高山祭


ここから本文です。

秋の高山祭

ページ番号 T2000193  更新日  平成28年10月7日

印刷 大きな文字で印刷

秋の高山祭「八幡祭」とは

高山祭とは、春の「山王祭(さんのうまつり)」と秋の「八幡祭(はちまんまつり)」、二つの祭をさす総称で、16世紀後半から17世紀の発祥とされています。幾多の変遷を経ながらも、江戸時代の面影を残す伝統行事として、今日まで受け継がれてきました。
このうち、高山を秋の彩りで染める「八幡祭」は、旧高山城下町北半分の氏神様である桜山八幡宮の例祭です。毎年10月9日・10日になると、安川通りの北側・下町に「八幡祭」だけの11台の屋台が登場。屋台が町を巡る曳き廻しや布袋台のからくり奉納などの伝統的な祭行事が楽しめます。

秋の高山祭屋台について

平成28年「秋の高山祭パンフレット」は下記の添付ファイルよりご覧いただけます

<お詫び>
パンフレット地図面側の「祭行事催行時間」欄下に記入してある※文に誤りがございましたのでお詫び申し上げます。

【誤】(中止の場合は、「神楽台」「布袋台」「神馬台」「鳳凰台」の4台の屋台は高山祭屋台会館(入場料必用)でご覧いただけます。…)
【正】(中止の場合は、「神楽台」「鳳凰台」「行神台」「春の高山祭 麒麟台」の4台の屋台は高山祭屋台会館(入場料必用)でご覧いただけます。…)

祭行事の見どころ

 

御神幸(祭行列)

写真:御神幸(祭行列)

闘鶏楽(とうけいらく)、裃姿(かみしもすがた)の警固など伝統の衣装に身をつつんだ総勢数百名の大行列が、お囃子や雅楽などを披露しながら町を巡ります。9日は午後に八幡宮を出発し町を巡ります。10日は午前に八幡宮を出発し、お旅所を経由して八幡宮へ帰っていきます。

9日
午後1時頃に八幡宮表参道を出発。
詳しい順路は下記の添付ファイルをご確認下さい。

10日
午前8時30分頃に八幡宮表参道を出発、午後1時30分頃にお旅所を出発。
詳しい順路は下記の添付ファイルでご確認下さい。

からくり奉納

写真:からくり奉納

八幡宮境内では9日・10日とも1日2回、布袋台によるからくり奉納が披露されます。2体の唐子がアヤを渡って布袋に飛び移り、布袋が軍配を一振りする巧妙なからくりが見どころ。綱さばきによる動きとは思えない、人形たちの演技に魅了されます。

9日
八幡宮境内にて、正午頃と午後3時頃から。

10日
八幡宮境内にて、午前11時頃と午後1時頃から。
詳しい場所は下記の添付ファイルでご確認下さい。

屋台曳き揃え

写真:屋台曳き揃え

秋の空の下、国の重要有形民俗文化財である八幡祭の屋台11台が曳き揃えられます。9日・10日とも布袋台は八幡宮境内に、他の屋台は表参道に登場。屋台彫刻や見送幕、構造の細部まで鑑賞できる機会とあって、多くの人々が屋台を囲み感嘆の声をあげています。

9日
午前9時頃から午後4時頃まで(表参道)

10日
午前9時頃から午後4時頃まで(表参道)
詳しい場所は下記の添付ファイルの屋台マークを参考にご確認下さい。

屋台曳き廻し

写真:屋台曳き廻し

9日午後に行われる屋台曳き廻しは、秋の高山祭だけの貴重な行事。4台の屋台が町を巡る姿が眺められます。4台のうち神楽台・鳳凰台は毎年登場。残る2台は布袋台を除く屋台から交代で参加します。平成28年は前述の神楽台・鳳凰台に加え、神馬台・豊明台の計4台が登場し動く屋台の美しさや構造の特長をお披露目します。

9日
午後1時30分頃から(屋台4台)
詳しい順路は下記の添付ファイルマップでご確認下さい。

宵祭

写真:宵祭

高山祭のもう一つの魅力を教えてくれるのが、9日の夕方から始まる宵祭。それぞれ100個もの提灯を灯した屋台が町を巡り、伝統の曳き別れ歌「高い山」を歌いながら、各屋台蔵へと帰っていきます。ゆらゆら揺れる灯りが闇夜に映え、秋の情感をかきたててくれます。

9日
午後6時頃から午後9時頃まで。

  1. 八幡宮表参道
  2. 下二之町
  3. 安川通り
  4. 下一之町へ。

詳しい順路は下記の添付ファイルでご確認下さい。

ご案内とお願い

雨天の場合

祭 開催の有無は、当日の天気の状況を見て祭の主催者である年行司が判断します。
判断の結果は10月9日午前9時頃より、当ホームページ 及び メール配信サービスでお知らせします。
 

交通規制区域・駐車場


高山祭を生中継

高山祭当日、下記のサイトにてからくり奉納などが生中継される予定です。

お願い

  • 屋台は貴重な文化財です。大切にしましょう。
  • 屋台には絶対手をふれないようにしましょう。また屋台曳行の際は危険ですから、関係者以外は曳かないようにお願いします。特に屋台が方向を変えるときは、近寄らないようにお願いします。
  • 御神幸(祭行列)の列の中へみだりに入り、写真などを撮らないでください。
  • 祭見物の人出で大変混雑が予想されます。お互いにゆずりあって、事故のないようにご注意ください。
  • シートベルトは命の綱です。安全運転を心掛けるとともに、駐車時のアイドリングストップにもご協力ください。
  • 条例により、市全域で「ごみのポイ捨て」、古い町並周辺での「路上喫煙」は禁止されています。
  • ゴミの持ち帰りにご協力ください。
  • 天候などの都合で、祭行事が変更される事がありますのでご了承ください。
  • 側溝には“ふた”が無い箇所がありますので、宵祭の際には足元にご注意ください。
  • 秋の高山祭の開催場所では、墜落など危険防止のため、無人航空機(ドローンなど)による飛行は絶対に行わないようお願いいたします。

高山祭各案内所

  • 高山祭案内本部 電話:0577-35-1151 (10月9日・10日のみ開設)
  • 高山市役所 観光課 電話:0577-32-3333
  • 飛騨高山観光案内所 電話:0577-32-5328
  • 市営駐車場のお問い合わせ 電話:080-8912-6213 (10月9日・10日のみ開設)

櫻山八幡宮

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

商工観光部 観光課
電話:0577-35-3145 ファクス:0577-35-3167
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る